カバー写真を変更
アップロード
soujirou
カバー写真を変更

ICHIRYU「一流」に掲載されている、事業者さんもそうですが、子供達に教えられることって沢山あると思うんです。

子供時代だからできる、そんな沢山の体験をしてもらいたい、田舎でしかできない遊びから感受性を養ったり、思い出を作ったりして欲しい。

今回は、NPO法人「どこでも夏休み」代表理事、玄行 淳嗣さんをお招きして、インタビューにお付き合い頂きました。

このユーザーアカウントのステータスは 承認済み です。

このユーザーはまだプロフィールに情報を追加していません。

編集中のみ表示
このコーナーは検索用です
画像
独立したきっかけは何ですか?

会社員に向いてなかったからです、笑

24歳から会社員になったんですけど、会社向いてないなと思って2年で辞めたんですよ。

同じことをずっと繰り返すことにストレスを感じてしまって。

これを30歳、40歳までやるってなったら、ちょっと無理って、笑

決まった仕事をずっとやるのが、僕には合ってないと思って辞めちゃいました!

その後の人生はどうなったのですか?

知人の紹介で公演会のお手伝いをしていました。

設営ですとか、裏方のスタッフとして、講師のお手伝いをするところから始めました。

その後、講師もやることになるのですが、長くなるので割愛させて頂きます。

現在は、大阪の福島でレンタルスペースの運営をやりながら、こんな活動が出来たら凄く良いんじゃないかって、色んな人に話してているうちに設立したNPO法人「どこでも夏休み」を中心に活動をしています。

画像
画像
NPO法人「どこでも夏休み」とはどんな活動をされているのですか?

僕は、大阪に15年くらい住んでるんですが、元々は、島根県の田舎育ちなんです。

都会は好きなんですけど、残念に思うところがあって。。。

まずは、子供たちが遊ぶ場所がない。

・気軽に花火をする場所もなかったり
・バーベキューするのもお金がかかったり
・広い公園も近くになかったり

息抜きしたいなと思って海を見に行っても、なんか田舎の海とは違うんです。

都会は便利なんですけど、田舎には、田舎の良さがある。

そんな、田舎の良さを子供たちに体験してもらいながら、世の中の問題を少なからず解決できる活動なんです。

子供達は何をするんですか?

夏休みの間だけ田舎でホームステイをします。

子供時代だからこそできる沢山の体験をしてもらいます。

そこで、田舎でしかできない遊びや体験をすることで、感受性を養ったり、思い出を作ったり。

僕が、子供の頃に体験したのは、秘密基地を作ったり、カブトムシを採ったり、カブトムシを孵化させたりでした♫

小学校の頃の思い出って、やっぱり大人になっても覚えてるんですね。

あの時はこんなことやって楽しかったなぁ、っていう記憶、皆さんもありませんか?

そういった、都会では味わえないような思い出を、現代の都会の子供たちが体験できるのが「どこでも夏休み」なんです。

画像
画像
この活動で、結果的に色んな問題が解決につながるとはどういうことですか?

例えば、ご夫婦だけで旅行に行く時間を作れたり、例えば、シングルマザーの方なら、パートナー探しの時間や、スキルアップの為の勉強に当てたり、子供達と生活していると、なかなか出来ないことに時間を活用して頂けたりします。

あと、地方の雇用問題にも少しは役に立てるかと考えています。

例えば、アフタースクールが地方に建てることができれば、そこに雇用が生まれます。

僕の田舎の島根県にも仕事がなかったので、都会に出るしかなかったんです。

地方の雇用問題も解決できる糸口になればと思っています。

最後に、伝えたいことはありますか?

ICHIRYU「一流」に掲載されている、事業者さんもそうですが、子供達に教えられることって沢山あると思うんです。

子供たちは学びたい、でも学校じゃ教えてくれないってことも学べるみたいな、まだまだ解決できることが沢山あると思っています。

画像
Youtube Video
NPO法人どこでも夏休み
大阪市福島区福島8-8-3 605

ICHIRYU「一流」とは?

ICHIRYU「一流」は、で、一流な人・お店・サービスをされている方で、推薦があった方のみを掲載しているWEBメディアです♫ご推薦は> コチラからご連絡ください♫